瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Mar 24, 2017

祝! 望月 佑一さん 論文出版!

posted by AA

瀬戸臨海実験所 alumnus の望月 佑一さん(2014年3月をもって理学研究科海洋生物学分科修士課程修了)が、指導教官の宮崎勝己先生と、論文を出版されました。おめでとうございます。

Yuichi Mochizuki & Katsumi Miyazaki (2017)
Postembryonic development of the sea spider Ammothella biunguiculata (Pycnogonida, Ammotheidae) endoparasitic to an actinian Entacmaea quadricolor (Anthozoa, Stichodactylidae) in Izu Peninsula, Japan.
Invertebrate Reproduction & Development
DOI: 10.1080/07924259.2017.1291452

http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/07924259.2017.1291452

ABSTRACT
Postembryonic developmental stages of an endoparasitic pycnogonid, Ammothella biunguiculata in Izu Peninsula, Japan are described. Eleven stages were identified beginning with a protonymphon larva attached to the male oviger. We found endoparasitic individuals in the host actinian from the second to tenth instar, and forms in the ninth stage to adult were found free-living. This indicates
a transition from being endoparasitic to free-living during the ninth to tenth instar stages. The first instar protonymphon attached to the adult male oviger has a gland duct on the anterior margin of each chelifore scape which completely disappears with the second instar. The disappearance of the chelifore gland duct coincides with the beginning of an endoparasitic stage in the development of
this species. Although the larval morphology and the postembryonic development of pycnogonids have been summarized by several authors, the present study concludes that much remains to be learnt.

Mar 13, 2017

祝! 安岡法子さん 論文出版!

posted by AA

瀬戸臨海実験所は、平成28年度より教育関係共同利用拠点第2期として文部科学省から認定され、各種共同利用事業を進めています。 この教育拠点の共同研究員として、当実験所をフィールドワークの拠点として活用されている安岡法子さん(奈良女子大学大学院)が、論文を出版されました。

おめでとうございます!

--------------------------------------------------
Direct evidence of bi-directional sex change in natural populations of the oysters Saccostrea kegaki and S. mordax

Noriko Yasuoka & Yoichi Yusa

Plankton Benthos Res 12(1): 78–81, 2017

ケガキとオハグロガキが属するSaccostrea属のカキ類では,雄性先熟(オスからメスへの性転換)が示唆されていましたが,直接的な証拠は得られていませんでした。そこで本研究では,ケガキとオハグロガキの性転換の直接観察を自然個体群で行いました。2種とも体サイズの増加に伴ってメスの割合が増加する傾向が見られましたが,双方向性転換(オスからメスの方向と,メスからオスの方向)が観察されました。したがって,自然状態において全体の傾向としては雄性先熟であるが,双方向に性転換する能力があると示されました。
今までに軟体動物における双方向性転換は4種(そのうち2種はカキ類)でしか報告がないので,ケガキとオハグロガキが5種、6種目の報告となります。


Mar 8, 2017

関西学院大学理工学部 臨海実習 (8/15-19)

Posted by TPS


最近暖かくなってきましたが,せとブロでは暑かった夏についてのご報告です.ペースを上げなくては….

8月15日~19日にかけて,関西学院大学の臨海実習がおこなわれました!

この実習のメニューは,磯生物の観察・解剖,ウニの発生実験,プランクトンの採集・観察などです.

関学の実習は時間をフル活用します.白浜に到着後,荷物を置いたらすぐに採集に出かけます.

しかしこの日の午後は既に潮が満ちており,ご覧のとおり磯は水の中でした.足首まで浸かっちゃっています.

それでも岩場に固着するカメノテを採集し,大和先生の指導のもと解剖とスケッチの始まりです.

もちろんこのカメノテ、爬虫類じゃありません.エビ・カニと同じ甲殻類です.蔓脚は何対あったかな?

交尾針や尾部付属肢まで観察できたでしょうか?

この日の実習は22時まで続きました.初日から充実していますね.


2日目は西脇先生によるウニの発生に関する講義から開始です.

そしてアセチルコリン法による採卵・採精にチャレンジです.まずは西脇先生のデモンストレーションです.

今回の実習ではムラサキウニさんに協力していただきました.おなじみの散髪(棘)タイムです.

そしてアセチルコリンを体腔内に注射します.それにしてもポスターにも使えそうな良い構図です.

綿密な水替え計画のおかげで,無事に卵割が進んでいきました.

この日も観察・スケッチは夜遅くまで続きました.


3日目の朝にはプルテウス幼生にまで成長していました.偏光板を通して見ると,骨片の輝きが
美しい….

この日は内田先生によるプランクトンの講義を受け,実際に採集と観察を行います.

海水浴でも溺れているわけでもなく,立派な採集です.プランクトンネットを曳きながら泳ぐのは,抵抗が強くて重労働なのです.

お疲れ様でした.このようにちゃんと網を曳いていたのです.

プランクトンネットの末端には「コッドエンド」という円柱容器が付属しています.採集物は最終的にこの中に集められます.さぁ,うまくプランクトンは採集できたでしょうか?

実験所にもどってからは,顕微鏡で観察・同定です.白浜周辺の様々な地点から収集されたサンプルからプランクトンを拾い上げて同定していきます.

オべリアクラゲに繊毛虫、甲殻類もチラホラ.今回は大漁のようです.


4日目は畠島に渡り,磯生物の観察と採集を行いました.4日目となると,表情にも余裕が感じられます.

畠島分室にある伝統の黒板の前で,大和先生から島の生物相についてレクチャーを受けます.

この黒板については,実験所HPの詳しいコラムをご参照ください (http://www.seto.kyoto-u.ac.jp/smbl/setubi/column_kokuban.html).

潮もよく引いていて,絶好の磯採集日和です.

畠島では,タイドプールはもちろんのこと,岩礁,礫地帯,砂泥帯などあらゆる生息環境を一望できます.是非,瀬戸臨海実験所を実習にご活用ください(宣伝).

まさに「夏」という入道雲ですね!

採集物を持ち帰ると,実験所で同定作業が待っています.「白浜の海岸生物観察ガイド」も大活躍です(宣伝).

巨大なタツナミガイや色々なナマコが採集されました.

色々な…,えっ?  いや,ナルトキントキというナマコでしょう,きっと….

ウニも様々な種類が採集されました.

えーと、や、山のウニですね.白浜ではクリと呼んでいます….

頑張って採集した分,同定作業も大変です.ちゃんと同定できたかな,あのムラサキ色の固いナマコ….

貝を同定する際には,歯ブラシで殻表面についた藻類などを洗い流す作業も有効ですね.


最終的には黒板をはみ出すくらいの生物を採集・同定することができました.その数なんと約130種!海洋生物の多様性の一端を感じとれる結果となりました.

本当にお疲れ様でした.

Mar 2, 2017

2017年度日本貝類学会大会+国際シンポジウム(@和歌山県白浜)

2017年4月15日から16日まで、和歌山県の白浜町において日本貝類学会平成29年度大会を開催します。白浜町は、紀伊半島の南西部に位置し、古くからリゾート地として有名な町です。白浜町周辺は、暖流である黒潮の影響を受け、非常に豊富な海洋生物相が見られます。貝類学会を楽しんで頂くとともに、白浜の自然も楽しんで頂けると幸いです。





またその会期中に、日本貝類学会と日本甲殻類学会が共催する公開シンポジウムを開催します。
International Symposium on Evolutionary Biology of Parasitic and Symbiotic Relationships between Molluscs and Crustaceans



4月は白浜が最も美しい季節です。暖かい白浜の美しい海を見ながら、白浜の豊かな生物相を見ながら、白浜の新鮮な海の幸をいただきながら、学会とシンポジウムに参加しましょう。