瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Mar 28, 2016

Zakea Sultana さん、博士号学位授与式

posted by AA

 博士号の学位授与式が京都市左京区にある「みやこめっせ」で行われました。バングラディッシュから来られているZakea Sultanaさんが、学位を授与されました。

長蛇の列の入り口。学位を授与される学生さんとその関係者、ご父兄のみなさまです。


式の壇上には、山極総長を中心に研究科長や副学長の皆さんが並びます。みなさん、京大オリジナルのストールをつけています。

アカデミックガウンに身をつつむZakea Sultanaさんと、そのお嬢さんのあいこちゃん。学位授与式でアカデミックガウンを着用するのは、東京大学と早稲田大学では一般的で、生協でも扱っていますが、なぜか京都大学では一般的ではありません。しかしZakeaの強い希望により、アカデミックガウンでの出席となりました。

中町くんが総代に!  学位授与式

posted by AA

 京都市左京区にある京都市勧業館「みやこめっせ」にて、学位授与式が行われました。 本年度の修士課程の理学研究科の総代に、なんと! わが瀬戸臨海実験所の中町君が選ばれました。
 これは快挙だ!  中町君のご両親もおいでになり、大変なお喜びようでした。


名前をよばれ緊張した面持ちで壇上へ。(モニター画像を撮影したため画質があまりよくありません)


山極総長が学位記をよみあげます


緊張した面持ちで、ありがたく受け取ります。

Mar 25, 2016

Crustacean Research

posted by AA




Crustacean Researchは甲殻類のあらゆる分野の論文を扱う雑誌です。どなたでも投稿できます。このたび仕様のリニューアルを行いましたので、お知らせします。
  概要は下記。
  http://crustacean-research.webnode.jp/

皆様の投稿をお待ちします。

-----------------------------------------
1. J-Stageプラットフォームを活用し、Online First 版を原稿受理後校正作業を終了してから、1週間で出版しています。
    https://www.jstage.jst.go.jp/browse/crustacea

2. Crossref doi番号を登載し、Google Scholar、PubMed、J-GLOBALなどの被引用のインターネット上のサークルに入ったため、被引用率が飛躍的に向上しました。
   参考情報:被引用のウェブ上のリンクは下記
   https://www.jstage.jst.go.jp/pub/html/AY04S070_en.html

3. 新しいtaxonの記載論文については、International Commission on Zoological Nomenclatureのofficial registry of Zoological Nomenclatureに登録してZoobank登録番号を得て、それを付与しています。
   参考情報:Zoobank
   http://zoobank.org/

4. 動物行動学や生態学のジャーナルでは、昨今、原稿に添えてビデオや音声を投稿し、電子媒体に付与することを行っています。今回、Crustacean Researchにおいても、電子版にビデオ、アニメ、音声が付けられるようになりました。
   例えば下記のページ(ブラウザで見られるか、あるいはダウンロードしてデスクトップ上でご覧下さい)
   https://www.jstage.jst.go.jp/article/crustacea/44/0/44_39/_article/supplement

-----------------------------------------
 投稿規程はこちら
  http://crustacean-research.webnode.jp/

 日本甲殻類学会の案内はこちら
  http://csjwebsite4.webnode.jp/

   皆様のご投稿をお待ちします。


   朝倉彰
    Crustacean Research 編集委員長

Mar 23, 2016

吉野熊野国立公園指定80周年&拡張記念式典

posted by AA

  瀬戸臨海実験所のある白浜とその周辺の紀伊半島の海岸域は、海洋生物の種多様性が高く、温帯域にありながらも黒潮の強い影響で、多数の熱帯性の生物も見られる「豊穣の海」です。 このたび、吉野熊野国立公園が拡張されて、この白浜も国立公園の指定を受けることになりました。
 この地域の海洋生物を保全し、その上で研究や教育に活用することは、この実験所にとっての必須の事項であり、このたびの国立公園指定は、今後のこうしたことに関しての未来をうらなう非常に重要なことであると考えられます。
 この吉野熊野国立公園はこのたび指定80周年をむかえ、また今回の地域拡張にあたり、記念式典が2月13日(土)14日(日)に、「よしくま祭り ~つなげよう!紀伊半島の人・魅力~」として開催されました。
 以下に環境省の近畿地方環境事務所からのアナウンスを掲げます。

-----------------引用ここから
 吉野熊野国立公園は、昭和11年2月1日に指定され、平成28年2月1日に指定80周年を迎えます。また平成27年9月24日には、和歌山県串本町からみなべ町にかけて、海岸と海域を中心に大きく区域が拡張されました。
 これらを受けて、環境省近畿地方環境事務所では、平成28年2月から1年間を指定80周年・拡張記念の年と位置づけ、「つなぐ」をコンセプトに、よしくま地域(吉野熊野国立公園を中心とした地域)の多様で特色ある取組や人・自然の恵みをつなぎ、今後の地域の元気、楽しい、美味しい、美しいにつなげたいと考えています。
 その第一弾として、平成28年2月13日(土)14日(日)に、「よしくま祭り ~つなげよう!紀伊半島の人・魅力~」を開催いたしますのでお知らせいたします。
-----------------引用ここまで
引用もと
 https://kinki.env.go.jp/to_2016/post_38.html

会場となった白浜会館のようす


記念式典には環境副大臣を始めとする多数の来賓が来られました。


このお祭りに、この実験所と白浜水族館もブースを出しました。

大学院生の小泉君がブースに座っています。

ブースの準備等をしていただいた技術職員の皆さん、ブースの担当をしていただいた教職員の皆さん、ありがとうございました。



Mar 15, 2016

祝! 安岡法子さん 中山凌君 学会賞受賞!

posted by AA

 瀬戸臨海実験所は平成23年度より教育関係共同利用拠点(事業名:黒潮海域における海洋生物の自然史科学に関するフィールド教育共同利用拠点)として文部科学省から認定され、各種共同利用事業を進めています。 この教育拠点共同研究員として、当実験所をフィールドワークの拠点として活用されている安岡法子さん(奈良女子大学大学院)が、2つの学会賞をこの1年でとられました。おめでとうございます。 
---------------------------------------------------------------
2015年日本ベントス学会・日本プランクトン学会・合同大会学生優秀発表賞(口頭発表)
「マガキCrassostrea gigasの野外個体群における性表現」

2015年度第2回日本生態学会近畿地区例会奨励賞受賞
「超寄生者のエビヤドリムシがカクレガニを通して宿主のカキ類の繫殖に与える影響」
---------------------------------------------------------------
安岡さんと指導教官の遊佐陽一先生、およびそれらの人たちが所属する奈良女子大学の集団生物学研究室の、詳しい紹介は下記。
  http://www.nara-wu.ac.jp/bio/pcecol/index.html


なお前者の学会では、瀬戸臨海実験所の大学院生の中山凌君も賞を取られました。
おめでとうございます。
---------------------------------------------------------------
2015年日本ベントス学会・日本プランクトン学会・合同大会学生優秀発表賞(ポスター発表)
中山 凌 「巻貝類に付着するカサガイ -コガモガイ類の生態と生活史について-」
---------------------------------------------------------------
中山君を含む瀬戸臨海実験所所属の院生とPDのページは下記。
 http://smblstudent.blogspot.jp/

サプライズで準備した承太郎デコケーキ!

賞をいただいてご満悦の安岡法子さんと中山凌くん。おめでとうございます!




Mar 4, 2016

読売テレビ「マヨなか笑人」が白浜水族館を取材

 posted by Kato

  お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ(ブラマヨ)」の番組「マヨなか笑人」による、白浜水族館の取材がありました。

 ブラマヨの吉田さんは、白浜町を盛り上げるべく昨年7月に「和歌山県 白浜観光大使」に就任されています。今回の番組は相方の小杉さんに白浜の良さを伝えるべく、おすすめスポットを案内するというもの。その一つとして、当館を紹介いただきました。

 とは言いながら、お二人の芸風ですから、突っ込み入れ放題、言いたい放題で大爆笑のロケになりました。案内役の朝倉館長もタジタジです。

 吉田さんによれば、当館で人生についての教訓を学んだとのこと、それはいったいどんなことなのか?

 放送予定は、読売テレビにて、3月18日の深夜24:30より。どのように紹介されるか、楽しみにご覧ください。

番組ホームページは下記より
http://www.ytv.co.jp/mayonaka/

取材中の良い写真がなくてすみません。中央左から、吉田さん、小杉さん、朝倉館長です。

出演者、スタッフ合わせて20名以上の大掛かりなロケでした。

ちゃっかり、吉田さんと所員で記念撮影。

小杉さんとも。