瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Nov 25, 2015

京都大学臨海実習第二部と公開臨海実習「発展生物学実習」が開催されました!

Posted by Mokanishi

2015年8月6日~8月12日にかけて,京都大学臨海実習第二部と公開臨海実習「発展生物学実習」ががおこなわれました.

本実習では,メイオベントス観察,プランクトン観察,甲殻類の解剖,軟体動物の解剖,メイオベントス観察,などが行われました!

メイオベントス観察と軟体動物観察用のサンプルの収集.

メイオベントスの抽出.

軟体動物(巻貝類)の歯舌の取り出し.

甲殻類(ヤドカリ類)の解剖.

甲殻類全般の解説.

水族館でのベントス解説.

刺胞動物(イソギンチャク)の解剖.

イソギンチャクの体制の解説.

刺胞動物の解説.



打ち上げのバーベキュー.

集合写真.

詳しい様子は別のブログにまとめてありますので,こちらもご覧ください.

Nov 13, 2015

大阪市立大学の臨海実習が開催されました!


Posted by Mokanishi

2015年7月14日~7月20日にかけて,大阪市立大学理学部の臨海実習がおこなわれました.

本実習では,水族館見学,番所崎での磯観察,プランクトン観察,ウニ・ケガキの発生実験,巻貝の出殻反応実験などが行われました!

水族館解説.
講師は実験所の久保田先生です.

番所崎での磯観察.

天気にも恵まれました.

磯の生物の同定作業.

プランクトン観察.

ナマコの解剖.

磯の生物の観察結果発表.

コシダカウニの発生実験.

ケガキの発生実験.

巻貝の出殻反応実験.

詳しい様子は別のブログにまとめてありますので,こちらもご覧ください.

Nov 6, 2015

奈良教育大学の臨海実習が開催されました!

Posted by Mokanishi

2015年7月5日~7月9日にかけて,奈良教育大学の臨海実習がおこなわれました.

本実習では,プランクトン観察,メイオベントス観察,畠島でのマクロベントス観察,ウニの発生実験,ナマコの解剖などが行われました!

プランクトン観察.


メイオベントス観察用の基質採集.

畠島での磯観察.

畠島で採れた生物の解説.
講師は実験所の宮崎先生です.

ウニの発生観察.

ナマコの解剖.

集合写真.

詳しい様子は別のブログにまとめてありますので,こちらもご覧ください.

Nov 2, 2015

祝! 西本篤史さん 論文出版

posted by AA

 瀬戸実験所alumnusの西本篤志史さん(現在 国立研究開発法人 水産総合研究センター
中央水産研究所 海洋・生態系研究センター)が論文を出版されました。おめでとうございます。
 本研究は、ベントス群集の中でも特殊な群集であるところの、陸上の材木が海洋に流出して沈んだ時に、そこに出現するその環境固有の生物群種である「沈木群集」の遷移について、主に貝類と甲殻類に着目して調べたものです。

-------------------------------------------------------------

 An experimental approach for understanding the process of wood fragmentation by marine wood borers in shallow temperate waters.

by

Atsushi Nishimoto, Takuma Haga, Akira Asakura, Yoshihisa Shirayama

MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES Vol. 538: 53–65, 2015

http://www.int-res.com/abstracts/meps/v538/p53-65/

-------------------------------------------------------------

ABSTRACT: Wood-boring activities by various invertebrates control the availability of food and space in marine sunken wood communities. We investigated the individual stages of wood fragmentation through a 4 yr colonization experiment. We placed Japanese cedar logs on the sea bed ~2 m below the surface of Tanabe Bay, Japan. A cluster analysis showed 6 successive stages (plus 1 alternative second stage) in the development of the wood borer’s assemblage. Individuals of the bivalve families Teredinidae and Pholadidae and the isopod family Limnoriidae settled on the logs within 2 mo (Stage 1). After rapidly fragmenting the inside of the logs (Stage 2), most of the teredinids died during the first year, leaving numerous empty tunnels reinforced by calcium carbonate linings (Stage 3). Because of this reinforcement, as well as due to the fact that the tunnels never crossed each other, the resulting honeycombed structure remained stable for about 3 yr, allowing for the ongoing development of the sunken wood community. Large-scale fragmentation finally continued with the limnoriids intensively disintegrating the logs from the surface (Stage 4). As the fragmentation process drew to a close, the pholadids disappeared from the assemblage before the limnoriids (Stage 5), the latter persisting until the log had been turned entirely into small particles (Stage 6). This rapid and dynamic fragmentation process is not universal in the sea, but serves as a useful framework for comparing the wood-boring activities across various conditions. Those comparisons will help to evaluate the role of coarse woody debris in marine ecosystems.

-------------------------------------------------------------

 最新のImpact Factorは2.619のジャーナルです。あっぱれ!