瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Mar 30, 2015

Roger Bamberさんのこと

posted by KM
 
以前このブログでも少しだけ触れたRoger Bamberさんが、2月16日に亡くなりました。Rogerさんはウミグモ類及びタナイス類の分類学が専門で、ことウミグモの分類に関しては、ここ10年では最もactiveに活躍されていた方です。2005年に、グラスゴーでの学会に先立って、当時彼がcuratorを務めていたロンドンの自然史博物館に訪問したのが、私が彼と会った唯一の機会でした。その訪問がきっかけとなり、私のウミグモ関係の論文について投稿前の英文添削をお願いするようになりました。毎回劇的に改善された英文のおかげで論文受理までの日数が確実に短くなり、その丁寧な直しを見る事は私にとって相当勉強になりました。昨年春に一応完成した原稿についても、また厚かましく添削をお願いしたのですが、いつもはすぐ来る彼からの応答がこの時は全く返って来ず、それでもその頃はまだ彼の論文は相変わらず高頻度に出版されていたので、病気やケガの類いではなかろうと高を括っていたのですが、実は2014年1月にALSを発症し、その頃には既に厳しい闘病生活に入っていたことを後になって知りました。
 彼のパートナーで、一緒に故郷のサウサンプトンで海洋生物のコンサルト会社ARTOOを立ち上げたRoni Robbinsさんから、彼を偲ぶ会が開かれるので写真や彼とのエピソードを是非提供して欲しいと依頼され、2005年の訪問時の写真を探してみたのですが、博物館の標本室や展示室の写真は数多く撮っていたのに対し、彼が写っているのはわずかに3枚しかなく、今となっては大変悔やまれます。それでもその3枚を送ったところ、Roniさんは大変喜んでくれました。
博物館近くのパブにて。特に具体的な目的の無い、学会ついでの訪問だったので、滞在中何の話をしたかは正直よく覚えていないのですが、写真にも写っているLondon Prideを飲みながら、非常に心地よい時間が流れていたのは強く心に残っています。
彼の業績や経歴は、いずれobituaryの中でまとめて紹介されるものと思いますが、ウミグモについては分類を中心とした膨大な論文・著作があり、中でも"Arnaud F. & Bamber R.N. (1987) The biology of Pycnogonida. Adv. Mar. Biol. 24: 1–96."と"Bamber R.N. (2007) A holistic re-interpretation of the phylogeny of the Pycnogonida Latreille, 1810 (Arthropoda). Zootaxa 1668: 295–312."は、いずれも分類のみならずウミグモの生物学全般に関する優れた総説となっています。またウミグモ類のオンラインデータベースである"PycnoBase"を完成させ、私をはじめ多くの研究者がこのデータベースには多大な恩恵を受けています。当時北大の大学院でウミグモの分類の研究をしていた高橋芳枝さんが、私の訪問の少し後に数ヶ月間彼の研究室に滞在した際にはPycnoBase立ち上げの一部を手伝い、彼女の名前が謝辞に記されています。
 彼の非常にフランクな性格は多くの人達に愛され、彼が多くの論文を発表していたZootaxa誌では、彼の闘病中から彼を励ますための特集号が企画され、既に多くの原稿が集まっていたのですが、残念ながら近日中に追悼号として出版されることになります。またJournal of Crustacean Biology誌でも、追悼の意を込めた特別号もしくは特別セクションの出版が予定されています。私も前者にはguest editorとして、後者には掲載論文のauthorとして関わっており、更に今後PycnoBaseについても何らかの形で関わっていく見込みですが、まだまだほんのわずかしか恩返しできていません。RoniさんによるとRogerさんは1949年9月1日生まれとのこと。享年65歳とはあまりにも早く、その死が大変惜しまれます。
昨年末に届いた最後のカード。以前いただいたものとの比較から、署名はご本人のものだと思われます。まだ書くことが出来た時に、一生懸命書かれたものかもしれません。

Mar 29, 2015

海産無脊椎動物分子系統学実習②

「海産無脊椎動物系統学実習」が始まりました! 


関西圏の大学から, 


関東圏の大学まで. 


中には見た顔も(笑)

リピーターがいるのはうれしいことです! 


東京大学の山室教授も来られていたので,

ベントス関係のアドバイザーとして顔を出していただきました. 


リピーターの学生さんたちと談笑中.

旧交を温めます. 


所内見学の後, 


朝倉先生の講義です.分子系統を学ぶための基礎について. 


さあ,春の実習シーズン到来ですよ!

海産無脊椎動物分子系統学実習①

とある冬の昼下がり. 


内之浦の河口で一心不乱に石の下をめくる集団が.

公開臨海実習のためのサンプル集めをしているのでした.

今回はカニの採集に来ています. 


とったどーーー!

さすがカニの専門家,真っ先に目当てのカニを見つけました! 


その後干潟に異動してさらにカニ探し.

ヤビーポンプで巣穴の中の手強い個体を狙う中町君.

巣穴を吸いまくっていると... 


こんな風に,「ポロ」っと採れます. 


たくさん採れました! 


実験室に持ち帰って同定&標本作成. 


こんな風にして作られた標本は,昨日から始まっている,

海産無脊椎動物分子系統学実習で既に使われています! 


その様子のレポートはまた後日.

Mar 20, 2015

ある冬の日のくろしお水槽 at JR白浜駅

posted by AA

 毎週通う京都への入り口たる白浜駅。そこにあるのは、わが京都大学白浜水族館の出店「くろしお水槽」。いつも手入れが行き届いていてピカピカです。中の生体も元気いっぱい。



今はわかやま国体ののぼりに、はさまれています。



向かって左側が無脊椎動物水槽。インバーテブリット水槽。




向かって右側が魚の水槽




日本語と英語のパンフも置いてあります。




魚の解説板。

無脊椎動物とは何かが、わかりやすく解説されています。



無脊椎動物各種の解説もあります。


さあ皆さん、昨年7月に新装なった白浜水族館にお誘い合わせの上おいで下さい。
詳細は下記です。

Mar 18, 2015

瀬戸臨海実験所・白浜水族館 消火訓練

posted by AA


 避難誘導訓練のあと、消火訓練が行われました。

白浜消防署の方から消火器の使い方の説明を受けます。


神妙な面持ちで、説明をきく所員



複数の訓練用の消火器を使って、実際に消火作業をします。この消火器は、通常の泡や粉ではなく、訓練用に水が出る消火器です。



すべての訓練が終わって、ご指導いただいた白浜消防署の方々に一礼。3月11日のことに思いを馳せつつ、今後も日ごろから防災に対する意識を高めたいと思います。ご協力いただいた南方熊楠記念館の方々、白浜消防署の方々に厚く御礼申し上げます。

Mar 17, 2015

瀬戸臨海実験所・白浜水族館の避難誘導訓練

posted by AA

 東日本大震災以来、地震と津波に対する対策が海辺の地域を中心として、本格的に望まれている今日この頃です。瀬戸臨海実験所でも2013年度より、種々の訓練を実施しています。
 2013年度は、南海トラフ大地震がおき、高さ15mの津波が発生したという想定のもと、瀬戸臨海実験所に隣接する海抜30mの南方熊楠記念館に避難誘導するという訓練を行いました。
 2014年度は、起震車に来てもらって震度6や7を体験してもらいました。また心臓マッサージの訓練、AED講習会を実施しました。
 そして本年度2015年度は、再び避難誘導訓練を行いました。


大地震が発生しました。身をひくくして安全姿勢をとるよう全館放送を入れます。



職員は、実習宿泊棟、研究棟、図書館に走り被害がないかどうか、本部に連絡します。このあと、津波が発生したという全館放送がはいり、いよいよ大急ぎで避難を開始します。


南方熊楠記念館に向かう急坂を、息を切らして駆け上がります。緊急避難用の物資がはいったケースも持っていきます。
この写真の女性は白浜消防署の方で、今回の避難誘導訓練の監修をしています。要所要所でストップウオッチで時間を測り、どのくらいのスピードで避難が進んでいるかを確認します。

ゴールの南方熊楠記念館の玄関前です。

避難が完了し点呼が行われ、所長に報告されます。

















Mar 13, 2015

座安佑奈さんの連載記事

posted by AA

 瀬戸臨海実験所で博士号を取得して昨年3月に卒業された座安佑奈さんは、現在、沖縄県科学技術大学院大学のマリンゲノミックスユニットで、ポスドクとしてそのユニットのプロジェクトに参画しています。


座安さん。プロフィールページより。http://smblstudent.blogspot.jp/p/zayasu-yuna.html



 座安さんは現在、スキューバダイビングと海の総合サイトα+ Oceana で、海の生き物に関するとても面白い記事を連載されています。下記にて、ご覧あれ。



座安さんのプロフィールはこちら
 日本語

 英語


Mar 9, 2015

祝! 座安佑奈さん 論文出版

posted by AA

 瀬戸臨海実験所で昨年の3月、博士号を取得された座安佑奈さんが論文を出版されました。おめでとうございます!

Yuna Zayasua, Katsumi Miyazakia, Yi-Ting Liena and Nami Okubo (2015) Direct evidence of sexual reproduction in the zebra coral, Oulastrea crispata (Anthozoa, Scleractinia), in Japan.

Invertebrate Reproduction & Development.   http://dx.doi.org/10.1080/07924259.2015.1006340.

    サンゴの繁殖といえばミドリイシサンゴの一斉産卵が有名ですが、実は造礁サンゴ(有藻性サンゴ)の産卵生態は全体の種のたった3割ほどしか解明されていません。本研究では造礁サンゴの中で南北に最も分布域が広く、他のサンゴが生きられない泥地などの環境にも生息しており、そのストレス耐性が注目を集めているキクメイシモドキ Oulastrea crispataというサンゴを瀬戸臨海実験所で飼育し、有性生殖の様子を観察及びビデオにおさめることに成功したため、その繁殖生態を報告しています

 from Zayasu et al (2015) copyright
http://dx.doi.org/10.1080/07924259.2015.1006340.

Mar 8, 2015

Publ Seto Mar Biol Labの新しいホームページ


posted by AA

Publications of Seto Marine Biological Laboratoryは、1949年に創刊された海洋生物学に関する雑誌です。この雑誌の利便性を高めるために、ホームページをつくりました。バックナンバーをすべて無料でダウンロードできます。


とびらのページです




この雑誌には、歴史的に日本を代表する海洋生物学者の大先達が多数執筆しており、その紹介のページもあります。



最新号は、イタリアからの投稿論文および京都大学内部からの投稿論文が、オンライン出版されています。初稿を著者が校正し終えて、1週間以内にオンライン版が、京都大学KURENAIの力を借りて出版されます。