瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Dec 24, 2014

祝!日本サンゴ礁学会若手優秀発表賞受賞!

posted by AS

日本サンゴ礁学会第17回大会
JCRS 17th meetingが高知城ホールにて開催されました

その際にSMBL所属の千徳明日香(学振PD)の発表が
日本サンゴ礁学会若手優秀発表賞を受賞しました
X線CT画像の3次元モデルによる造礁性サンゴ Turbinaria peltataの群体形成様式

○千徳 明日香(京大・学振PD)・石橋 正嗣・升本 眞二・大野 理恵(大市大院・理)・富山 隆將・町山 栄章(JAMSTEC)・多田井 修(マリン・ワーク・ジャパン)・江﨑 洋一(大市大院・理)

表彰式の時の様子

今回の学会ではSMBLのOGである
座安さん,北野さんも発表されていました.


南西諸島ミドリイシ群集におけるクローンの割合
○座安 佑奈(OIST・マリンゲノミックス)・中島 祐一(OIST・海洋生態物理学)・西辻 淑恵(OIST・マ
リンゲノミックス)・鈴木 豪(水研セ・西海水研・亜熱帯研究セ)・佐藤 矩行・新里 宙也(OIST・マ
リンゲノミックス)

石西礁湖を中心としたハナヤサイサンゴの集団遺伝構造の比較 
○北野 裕子(宮崎大・テニュアトラック推進機構)・中林 朗・谷中 絢貴・湯淺 英知(宮崎大・農)・上
野 光弘(石西礁湖サンゴ調査)・長井 敏(水研セ・中央水研)・安田 仁奈(宮崎大・テニュアトラック推進機構)
サンゴの研究者は元気な若手の女性が多いような気がします

今後もますます精進してまいりたいと思います.




Dec 1, 2014

第11回大型クラゲ国際ワークショップ(2日目)

posted by marikok

[研究発表]
2日目は、大型クラゲの生態と幼生探索のための遺伝子マーカー開発などの発表がありました。わたしは、韓国国立水産科学院の調査で得た若いエチゼンクラゲの推定齢にもとづき、中央水産研究所で開発した流動モデルを使って、 クラゲの発生位置を計算した結果を発表しました。今後改良すべき点はありますが、1日目に報告されたクラゲ分布調査の結果と一致した部分もありました。

[長楽門]
自分の発表が終わったので落ち着いて、昼休みに街を歩いてみました。
この西安はシルクロードの起点となった都市で、古い建造物が残っています。西安を四角く取り囲む城壁は、バスと比較すると大きくてぶ厚いものということがわかると思います。とてもきれいに保存されていました。



[長江河口の中州]
帰りの飛行機では、上海を経由したので長江を上空から見ることができました!広大でたくさんの船の往来があり、日本でイメージする「川」とは全く違うものです。長江は周辺の海洋に大きな影響を与えており、エチゼンクラゲもその河川水の押し出しによって日本にやってくるといわれています。そのため、クラゲがたどりつく対馬周辺の海は低塩分になることがあります。

今回の2日間のワークショップでは、非常に充実した情報交換ができました。
エチゼンクラゲについては、10年前と比較してかなりわかってきましたが、わからないままのこともまだまだあります。今後もこのような研究交流を続けていくことで、きっと見えてくることがあると確信しました。

第11回大型クラゲ国際ワークショップ(1日目)

posted by marikok

11月25、26日に大型クラゲ国際ワークショップに出席しました。このワークショップでは、日本・中国・韓国で大きな社会的影響を及ぼす大型クラゲ(特にエチゼンクラゲ) に関する情報交換や今後の研究協力を目的として、毎年さまざまな方面からの研究成果が報告されます。

[青島特産海蜇]
今年は、中国の西安で開催されました。わたしは青島を経由したので、中国でよく食されている海蜇(ハイチャン)を買うことができました。後で中国の研究者にきいたところ、これはビゼンクラゲだそうです。ビゼンクラゲはクラゲ種の中で最も人気が高く、価値も高いのですが、最近少なくなってきているそうで、近海で放流しているとのことです。


[ワークショップ会場]
空港から1時間弱ほどで西安市街にある会場のホテルに到着しました。町の中心部にあり、各国の要人も宿泊したことがある有名なホテルだそうです。






[ワークショップ開始]
朝9時よりワークショップ開始。まずは3か国の代表者からスピーチがあります。各国の水産系の研究所をはじめ、大学からも参加者がありました。今回は例年よりかなり少人数(35人)でしたが、濃い内容の議論が期待されます。




[通訳ブース]
会場内での発言は、全て各国の言葉に同時通訳されます。専門用語についても把握してもらう必要があるため事前に発表内容を送る必要がありますが、この体制のおかげで円滑に議論できます。1日目は、各国のエチゼンクラゲの分布調査結果とシミュレーションによるクラゲの輸送経路推定に関する発表があり、出現傾向やその予測方法、また発生源についても議論されました。

[夕食開始]
その晩は、ホテルのレストランでの夕食でした。写真は青島ビールと白酒です。中国ではカンペー(乾杯)というと本当に飲み干すのがマナーですが、そのためにすごく小さいグラスを用意してくれています。この席では、普段会えない海外の研究者と交流を深めることができました。中国の皆さんのおもてなしに感謝です。謝謝!