瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

Sep 29, 2013

行ってきました動物学会(総論)

posted by KM

夏の実習シーズンでしばらく鳴りを潜めていましたが、久々のせとブロ執筆となります。

さる9/26-28に、岡山大学津島キャンパスにて日本動物学会第84回大会が開催されました。 瀬戸臨海からは宮崎に加え、千徳さん・岡西君のPD二人と院生の望月君が発表+動物学ひろばで9/25-29の日程で、また同じく院生の小泉君が動物学ひろばの手伝いで9/28-29の日程での参加となりました。

25日は千徳・岡西・望月の3名は、動物学ひろば用の荷物をもって午前10時に実験所を出発。私は午後からの移動となりました。道中、またその日の夜の岡山で先発隊に何があったかは、「各論」にて誰かが報告してくれることでしょう。

26日の朝、会場で受付を済ませ、まずは午前中のシンポジウム「続・数ミリ以下の動物学」を聞きに行きました。ここでは元瀬戸臨海院生の藤本君が、自身のクマムシ・コウラムシ研究の現状と展望について発表しました。
午後の一般口演(ここで千徳さん、岡西君の発表がありました)をはさんで、夕方からは関連集会の「臨海実験所と動物学研究」です。ここでは岡西君が「瀬戸臨海実験所での教育と研究における分類学の重要性」と題した講演を行いました。
会場入り口の様子。
講演をする岡西君。教育拠点研究員としての経験を踏まえた内容で、ヤンチナによるドレッジ採集の宣伝もしてくれました。

他の講演者は、広大・竹原の浦田さん、舞鶴の甲斐さん、東大・三崎の幸塚さん(講演順)でしたが、他の実験所の話を聞くのは、やはりいろいろと参考になるものです。

集会後の飲み会の様子。日本の海産無脊椎動物学のこれからを担うことが期待される中堅・若手が揃っています。写っていませんが、望月君も参加しています。ちなみに岡西君は集会主催者に拉致され、この場にはいません。この夜どういう美味しい思いをしたかは、各論にて報告があるでしょう。
翌27日はいよいよ望月君の発表です。朝9時半からの発表だったので、寝過ごして穴を開けないか(ちょっとだけ?)心配だったのですが、前日の飲み会で努力してセーブした甲斐あって、ちゃんと時間通りに某ネカフェから参上しました。
若干緊張してる?
発表は落ち着いていて、なかなかの出来だったのではないでしょうか。会場も心配していた程ガラガラでは無かったですし、発表後の質問からも興味を持って聞かれていたことがわかりました。望月君の受け答えも、私が助け船を出さずに済む程度には的確なものでした。


午後はノーベル賞受賞者の下村先生の講演を泣く泣く振り切って、岡山県某所へ…。この道中については、各論で報告されることでしょう。
この日の夜は懇親会。ご覧の通りの盛況でしたが、料理やお酒に岡山らしさがあまり出ていなかったのは、ちょっと残念…。
あまりに長い乾杯の挨拶に、藤本君が疲れ果てています。

二次会の様子。奥の方に北大の柁原さんの姿も見えます。
そして三次会へ。が、岡西君はこの場にはいません。その裏には千徳さんの適切な判断が…。
三次会が終わった頃には、午前2時半を回っていました。翌朝はさすがにしんどかった…。

最終28日はいよいよ「動物学ひろば」です。朝8時の出発予定でしたが、ほぼ定刻通り。皆さんやる時はやります。

会場は岡山市内から車で約1時間離れた「渋川マリン水族館」です。
和歌山市から原付でやってきた小泉君も合流し、準備作業を進めます。
藤本君は今回は別ブース(数ミリ以下の動物学)への参加。実は前日三次会で頑張りすぎて、準備に遅刻しちゃった事は、ここだけの秘密です。
今回は学会会場から遠く離れていたこともあり、来場者のほとんどが小学生以下の子ども連れファミリー層でした。この写真では皆さん元気に解説していますが…。
連日のハードスケジュールからか、ちょっと気を抜くとこの様になってしまいます。ちなみに写真を撮っている某M君も、別の時間帯では同じ状態になっていました(各論にて報告予定)。
イベントも無事終了し、撤収作業に入ります。
参加者全員での記念撮影が終わり、それぞれ帰路へ就きます。
今回の動物学ひろばでは標本を用いた生き物紹介を行いましたが、ファミリー層が多かった今回は、結果としてこの形式は良かったと思います。次回大会での動物学ひろば参加についてはいずれまた議論することになりますが、もし引き続き参加するとしたら、今後は瀬戸臨海での「研究」を前面に押し出す方向にシフトした方がいいかなと、個人的には思っています。
岡山市内へ戻りそれぞれ一休みした後、再集合して、お疲れ様会です。飲み会が続いていたので、さすがにこの日は大人しめのスタートでしたが…。
前の写真からここに至るまでにいったい何が起きたのか。これについては「各論」に譲ることにしましょう。というか、譲らせて下さい。私には書けません…。

来年の動物学会は仙台。それから新潟→沖縄と続く予定です。動物学会は間口が広いだけに、いろんな分野の人が参加します。特によその臨海実験所には、何はなくともとりあえず動物学会には顔を出す、というスタンスの人が多いようで、今回も様々な臨海実験所関係者と交流や情報交換を図ることが出来ました。その点うちは、教員・学生の規模に比して、参加者・発表者の数が例年低空飛行です。もちろん「自分の研究」ということに限っていえば、より専門性の高い学会(例えば私だと節足動物発生学会)の方が得るものが多いことは確かです。しかし自分が井の中の蛙になってしまったり、実験所がコップの中の嵐に沈められたりしないためには、動物学会はかなり重要な場であるように思います。

と変に愚癡っぽくなってしまいましたが、最後に今回の参加者、また動物学ひろばの準備を様々な形で手伝っていただいた皆様に大いに感謝しつつ、「総論」を終えることにします。(しかし「飲み会」の写真が多くなってしまった。「各論」では、学会で聞いた興味深い発表など、アカデミックな事も書くようにしましょう。)

Sep 27, 2013

気仙沼でポケゼミ

posted by AA

 さる8月20日~24日まで気仙沼にポケゼミで行ってきました。私自身は今回が初めてでしたが、 わが実験所の中野先生が昨年参加されていたので、ほとんど中野先生のご指導のもと、私はくっついていっただけ、という感じでした(大変に申し訳ないことながら、、、)

 基本的にはNPO法人の「森は海の恋人」の活動の一環に加えていただく、という形で、さまざまな体験学習をさせていただいた内容的に濃い日々でした。その代表者は、京都大学特任教授にもなっておられる畠山重篤さんで、息子さんの畠山信さんが実質的なリーダーとなって、実にアクティブな活動をしています。今回のわれわれのポケゼミはCivic Forceプログラムによる高校生3名と一緒に行いました。Civic Forceは被害支援団体として、2013年3月から東日本大震災で被災した学生たちを奨学金と教育プログラムを通じて支援する「夢を応援プロジェクト」を行っており、今回の活動もその一環です。

http://www.mori-umi.org/product5.html

 ポケゼミの内容は、基本的には畠山信さんが考えてくださり、畠山重篤さんの様々な案内も含めたもので、火おこし体験、九九鳴浜での生き物の採集と観察、牡蠣養殖場の視察、桁網(ドレッジ)による底生生物の採集、干潟生物のコドラート調査、気仙沼各地の視察、植林体験、森は海の恋人運動によってできた森の視察など、実にもりだくさんで、大いに勉強になりました。




東日本大震災で大きな被害のあった河岸で説明される畠山重篤さん

森の豊かさが海の生き物の豊かさをはぐくむことを説明される畠山重篤さん

 地震と津波の傷跡は予想していた以上にひどく、また復興もなかなか進んでいないようで、気仙沼港周辺はまだほとんどさら地でした。震災の復興や、「森は海の恋人」の活動を通じて畠山信さんがどれだけ熱心に、復興とそしてまた被災した人々のことのために、全力で活動されているかが良くわかりました。また畠山重篤さんが「森は海の恋人」の活動を通じ、自然の復興と、もともとの自然が持っているパワーを引き出しながら森と海をよみがえらせる活動をしているかが、よくわかりました。「最初に行動ありき」のお二人を見ていると、そしてまたその結果達成された成果の大きさをみていると、このお二人がいかに実践力と行動力、そして人々やふるさとへの愛情に満ちた、まれにみる傑出した人物であるかがよくわかります。

 参加した京大の学生は、とても楽しかったようで、また(これは日程的に、たまたまだったのですが)地元の被災した高校生3名と行動をともにできたのも良かったと思います(アッと言う間に仲良くなっていました)。

畠山信さん。森は海の恋人のホームページに公開されている写真より。気骨たくましい男気あふれる人物!


畠山信さんが、森は海の恋人」のホームページにあるスタッフ日誌に、今回のポケゼミのようすを書いてくださっています。下記のページの下の方をごらんくだい。

またCivic Forceのホームページの下記のページにも、今回のようすが出ています。実際には、ここにうつっている写真の死角になっている部分に、われわれ京大メンバーもいます。


Sep 14, 2013

祝! 岡西政典さん論文出版!

posted by AA

教育拠点研究員の岡西政典さんがJennifer M. Olbers さんUniversity of Cape Town)と藤田敏彦さん(国立科学博物館)との共著で論文を出版されました。 おめでとうございます!

Masanori Okanishi, Jennifer, M. Olbers, Toshihiko Fujita. A taxonomic review of the genus Asteromorpha Lütken (Echinodermata: Ophiuroidea: Euryalidae). The Raffles Bulletin of Zoology. 61 (2):  461-480.
http://rmbr.nus.edu.sg/rbz/journal612.html


本論文はAsteromorphaという属の分類学的再検討です。タコクモヒトデ科のAsteroschema capense Mortensen, 1925が別のユウレイモヅル科のAsteromorpha属の1種であることを明らかにしました。これにより、3種が知られていたAsteromorpha属は4種に整理されることとなりました。本論文では、既知の3種も含め、全4種を再記載しました。


Asteromorpha capensis (Mortensen, 1925)
(写真提供:国立科学博物館・藤田敏彦)

Sep 4, 2013

「行ってよかった水族館 2013」TOP20 ランクイン(白浜水族館)



水族館スタッフのHaradaです。

世界中の観光施設を紹介しているトリップアドバイザーが集計した、「口コミで選ぶ 行ってよかった 動物園&水族館 2013」で京大白浜水族館がTOP20にランクインしました。

http://www.tripadvisor.jp/pages/ZooAquariums_2013.html

(表彰状)

美ら海水族館や、鳥羽水族館などの強豪がひしめく中で、全国的にも小規模な当館が選ばれたのはとてもありがたいです。そして、施設紹介の写真は、なぜかモンハナシャコのアップ。他のところはイルカやペンギン、魚なのに(笑)。

京大白浜水族館は2013年度に改修工事を行い、内装をがらっと変える予定です。
これからも白浜水族館をよろしくお願いします。


Harada

Sep 2, 2013

祝! 座安佑奈さんが発見した新種のカニのことが新聞報道に

posted by AA

大学院生の座安佑奈さんが発見した新種のカニのことが、全国の様々な新聞に記事として掲載されました。 インターネットでは下記で見ることができます。こうした報道を通じて、瀬戸臨海実験所の活動の様子を広い範囲の方々に知ってもらえれば、そして海洋生物の研究に興味と理解をもつ人が増えてくれれば、と思います。

新種のカニ「Fizesereneia daidai Zayasu, 2013: ダイダイクボミサンゴヤドリガニ」


神戸新聞

静岡新聞

河北新報

岐阜新聞

神奈川新聞

佐賀新聞

高知新聞

OneTopi

大分合同新聞

Ceron

goo ニュース

47Neas

祝! 諏訪僚太さん 論説出版!


posted by AA

学振PD研究員の諏訪僚太さんの海洋酸性化に関する論説「ベントスII(刺胞動物,軟体動物)に対する海洋酸性化影響」が出版されました。 おめでとうございます。なおこれは隔月刊誌『海洋と生物』8月号に特集として組まれた「海洋酸性化」の中のひとつの論説です。下記に詳しい紹介があります。

以下に出版社からの紹介文を掲載します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
隔月刊誌『海洋と生物』8月号のご案内
☆特集【海洋酸性化】(8月号/207号)(830日発売予定)
 地球温暖化とともに重要な環境問題として研究が進められている“海洋酸性化”。海洋が酸性化することによって,海の生物にはいったいどんな影響が出てくるのか。これまでに世界中で明らかにされてきた研究を中心に,プランクトン,ベントス,魚類,そして海洋の生態系に与える影響を,国内の第一線で活躍する研究者に解説してもらいます。

*********************************************
〈特集〉海洋酸性化
*********************************************
[特集目次]
・海洋酸性化総説(藤井賢彦・石田明生)
・海洋プランクトンに対する海洋酸性化の影響(佐々木洋・遠藤 寿)
・ベントスI(棘皮動物,甲殻類など)に対する海洋酸性化影響(栗原晴子)
・ベントスII(刺胞動物,軟体動物)に対する海洋酸性化影響(諏訪僚太)
・魚類に対する海洋酸性化影響(石松 惇・グロリア ヨナ)
・海洋酸性化が海洋生態系に及ぼす影響(栗原晴子)
・海洋酸性化の人間社会への影響評価,将来予測および対策(藤井賢彦)
-----------------------------------------------------------------------------------------------

8月初旬に田辺湾から採集したサンゴが産卵しました

実験所裏の沖から採集してきた造礁サンゴ類(イシサンゴ目)の1種クシハダミドリイシAcropora hyacinthusが産卵しました。
卵を産んでいるようにも見えますが、内側が精子、外側が卵子から構成されているバンドルと呼ばれる配偶子隗を放出しています。このあと他群体からの卵子又は精子と授精し、幼生となって海を漂った後に変態・着底して稚サンゴになります。

video 
産卵風景


バンドルの写真
サイズ約1㎜
ピンク色の部分が卵子、白い部分が精子

(Posted by 諏訪)