瀬戸臨海実験所公式ブログ ‐ 地球の海と生命を科学する人々の日常。

May 24, 2012

Graham Edgar 教授(Australia)のチームが来所

posted by Asakura

[Professor Graham Edgar] 
University of Tasmania(Australia)のInstitute for Marine and Antarctic StudiesのGraham Edgar 教授のチーム3名が5月19日~23日、瀬戸臨海実験所に滞在し研究調査を行いました。 このチームはReef Life Surveyの一環として、世界中の調査を行っています。オーストラリアから始まり、アルゼンチン、チリ、アメリカ本土、ハワイ、沖縄、天草を調査し白浜に来ました。このあと浅虫、厚岸に行きアラスカに渡って調査を継続されます。

 5月22日には、「Establishing a global baseline of marine biodiversity to assess impacts of human activity through the long term」と題してセミナーをしてくださいました。そのあとEdgar 教授チームを囲んでの懇親会を行いました。

 Edgar 教授には多くの論文がありますが、下記の著作が世界的に大変有名です。


Copyright: New Holland Publishers, Ltd. ISBN-10: 187633438X


Copyright: Reed Natural History Australia. ISBN-10: 1876334533

May 16, 2012

ソフトコーラルの研究チームが瀬戸臨海実験所に滞在

(posted by SKubota & Asakura) 

 Scleronephthya (八放サンゴ亜綱、チヂミトサカ科)の調査のために、韓国と日本の共同研究チームが瀬戸臨海実験所に滞在されました。これは韓国のProf. Jun-Im Song (Division of EcoScience, Ewha Womans University) 、Dr. Sung-Jin Hwang(同)、Dr. Seonock Woo (Korea Ocean Research and Development Institute)、日本の今原幸光氏(黒潮生物研究財団黒潮生物研究所)、岩瀬文人氏(同)による研究チームです。  

研究の目的
 Climate change and soft corals survival: can its environmental adaptability be forcasted by transcriptional susceptibility?
 Comparative transcriptomic profiling by heat stress in Scleronephthya gracillimum from Korea, Taiwan and Japan. - microarray experiment with RNAs after heat stress in Scleronephthya gracillimum.

またDr. Seonock Wooによるセミナーが2012年5月14日に行われました(詳しくは瀬戸海洋生物学セミナーのweb-pageを参照)。

 これらの方々の論文には例えば下記のようなものがあります。

 Seonock Woo, Hye-young Jeon, Jongrak Lee, Jun-Im Song, Hong- Seog Park, Seungshic Yum (2010) Isolation of hyperthermal stress responsive genes in soft coral (Scleronephthya gracillimum). Mol Cell Toxicol 6: 387–393. Sung Jin Hwang and Jun Im Song. (2009)

Sexual reproduction of soft coral, Scleronephthya gracillimum, (Alcyonacea: Nephtheidae) based on long-term collection from Jejudo Island, Korea. Galaxea, Jour. Coral Reef Stud. 11: 155–167.

 Yukimitsu Imahara (2003) Revision of Alcyonium gracillimum (Alcyoniidae, Octocorallia), with notes on some Japanese Scleronephthya (Nephtheidae). 7th Intern. Conf. Coel. Biol. in Kansas, Abstracts: 54-55.

謝辞:写真を提供してくださりこの原稿にコメントをいただいた今原幸光博士に感謝いたします。

白浜町の草原展望台にて。左から今原博士, Prof. Jun-Im Song, Dr. Sung-Jin Hwang, Dr. Seonock Woo